腸デトックス!炭を食べるダイエットなら麻炭がおすすめ

食事

ギャル曽根さんや もえのあずき さんなど、大食いタレントと呼ばれる芸能人がいます。彼女らがいくら食べても太らないのは何故でしょうか?
その理由は腸内環境にあるといわれています。彼女らの体は排便能力に優れており、一日に何度もトイレへ行き、食べ過ぎた分はすぐに排出されるようです。
すぐに太る人と、食べても太らない人との差は、腸内環境の差にあると言っても過言ではありません。

私たちは、日常的に知らず知らずのうちに食事などから有害な物質を体内に取り込んでいます。
肝臓は体内に入り込んだアルコールや薬、その他有害な物質を分解し、からだに影響をおよぼさないように無毒化してくれる臓器ですが、多量の有害物質が入ると処理しきれなくなり肝臓に過度な負担がかかります。そうすると代謝機能が低下し、糖質や脂質を分解することも出来なくなります。それが病気や肥満の原因になるのです。

現代人の食生活の中では、食品添加物や農薬、防腐剤などの摂取を避けることは非常に困難です。しかし、腸内環境を整えることによって、そのような有害物質を便と一緒に排出する力を助けることで、肝臓への負担を減らすことは可能です。
これが「デトックス」と言われている健康法です。

ダイエットの方法として最近注目を集めているのが、炭のデトックス力を活用した「炭ダイエット」です。別名「カーボンダイエット」とも言われています。
多孔質性を高めた炭のことを活性炭といいますが、活性炭は有害物質の吸着作用や消臭作用があるため浄水器や消臭剤などによく使われています。炭を体内に摂取することによって、腸の中で有害物質を吸着して外に排出してくれる効果が期待できるのです。
炭の解毒効果は昔から医療現場でも活用されており、有害物質を誤って飲み込んでしまった場合の経口投与に使われてきました。
また、炭は食物繊維が豊富です。食物繊維は善玉菌の餌になりますので、腸内の善玉菌を活性化させます。さらに、炭には有害物質の摂取や肉食などによって酸性化した体を弱アルカリ性に戻す作用もあります。

炭の中でも特に優れているのは「麻(アサ)炭」です。麻炭は手で簡単に押しつぶすことが出来るほど柔らかく、多孔質性が備長炭や竹炭と比べてはるかに優れているため、活性炭を作る際にガスや薬品による高温処理を必要としません。

良いところだらけのように思える食用炭ですが、栄養補給のために食べる食品とは違います。一度に大量摂取をすると逆に便通が悪くなってしまうこともありますので、適量を心掛けたほうが良いでしょう。

画像の説明

麻炭パウダーならこれ!
腸の働きを高めるダブル仕様!この商品は、活性化された麻炭にEM酵素を加えたものです。
麻炭は非常に歯触りがソフトで、備長炭の約4倍、孟宗竹の約1.6倍の多孔質性がありますので、他の炭と比べても体に優しく、デトックス効果にも優れている言えます。
商品紹介: →EM-S酵素活性麻炭パウダー