マクガバンレポートから始まった現代栄養学

栄養学

アメリカにおける現代栄養学の源は、1975年にアメリカ上院栄養問題特別委員会によってまとめられた「マクガバンレポート」でした。
当時アメリカでは、心臓病だけでもアメリカの経済は破綻しかねないといわれるほど医療費が増大していました。
そのレポートでは、心臓病をはじめとする諸々の慢性病は、肉食中心の誤った食生活がもたらした「食源病」であり、薬では治らないと結論づけ、高カロリー、高脂肪の食品つまり動物性食品を減らし、できるだけ精製しない穀物や野菜、果物を多く摂るように勧告しています。
そして、そのレポートの中で最も理想的な食事は、日本人が元禄以前に食べていた食事であると明記されたのです。元禄以前の食事とは、精白しない穀類を主食とし、季節の野菜や魚介類といった内容になります。
こうした背景もあって、アメリカ国内はもとより世界中で日本食ブームが起こりました。

1983年に創設された食事ガイドライン委員会は、マクガバン委員会以降の新しい研究を踏まえ、その指針のひとつとして、食べる食品の種類について以下のように書き加えられました。
「人間の生存および健康維持のためには40種類以上の栄養素が必要である。つまりいろいろな種類のビタミン、ミネラル、アミノ酸、必須脂肪酸、またエネルギー源としての炭水化物、たんぱく質、脂肪である。これらの栄養素はバランスのとれた食事によって摂取され、そのためにはいろいろな種類の食品を食べる必要がある。」

1996年、日本でも厚生省(現・厚生労働省)は、がん、脳卒中、糖尿病などの総称としてこれまでの「成人病」と呼ぶことをやめ、これらの病気が年齢よりも日常の食事、運動、喫煙などの生活習慣によって引き起こされるものであると考え、「生活習慣病」と呼ぶように変更されました。
現代日本においては小中高生の3~5人にひとりは肥満もしくは高コレステロールなどの生活習慣病予備軍であるという、恐るべきデータがあります。
また1997年に日本人の20~60代を対象に行なわれた検査によると、日常生活に支障がないと判定された健康な人はわずか5%にすぎず、かなり高い確率で生活習慣病になる可能性がある人が6割に及んでいました。

【メタボリックシンドロームについて】
メタボリックとは「代謝」の意味で、代謝症候群ともよばれる複合生活習慣病。血糖値や血圧がやや高く、お腹が出てきた人をさす。食べすぎや運動不足が原因とされるが、血糖や血圧、中性脂肪の値が極端に悪いわけではない。しかし糖尿病、高血圧症、高脂血症に重複してかかった場合、放置していると動脈硬化になりかねないレベルである。沖縄県の豊見城中央病院糖尿病・生活習慣病センターの田仲秀明所長は、沖縄県男性の30%がこれに該当すると指摘する。戦後のアメリカ軍占領下において沖縄県には脂肪分の多い食生活が浸透しており、さらに車社会であるため歩く機会が少ない。そうした生活スタイルの変化が、メタボリック・シンドロームの原因になったという。
[ 新語探検 著者:亀井肇 / 提供:JapanKnowledge ]